MENU

歯を白くするホワイトニングの基礎知識

ホワイトニングとは歯磨きや歯のクリーニングでは落ちない黄ばみを白くする方法です。

 

歯の表面に付着する汚れの主な原因は歯の内部からの黄ばみ、色素が付きやすい飲食による変色、遺伝などがあげられます。
歯の色には段階があります。
平均色を基準にするとよいです。

 

自分から見て実感できる白さなのか、人から見て綺麗と思われる白さまで実現したいのか、どのような白さを求めているのか、歯の全体をするのか、部分だけするのか、セルフホワイトニングを続けてみるのか、特別な日だけ歯を白くするのか、自宅で手軽にするのか、医院で本格的にするのかなど、具体的にどのような方法でホワイトニングするのか選ぶ必要があります

 

歯のホワイトニングの色が変化してしまった場合、無理に歯の表面を剥がそうとすることは禁物です。
一般的な歯磨き粉には歯の表面の汚れを削り落とす成分が含まれているものの、付着した直後でなければ綺麗に落ちないです。
研磨性の強いホワイトニング専用歯磨き粉であれば、着色汚れを浮かせることもできます。
歯や歯茎を傷つける磨き方をしてしまえぱ、エナメル質は薄くなり、象牙質の色味が透けてきて黄色い歯に見えてしまいます。
詰め物や差し歯などの歯や神経が死んでいる歯など薬剤の効かない歯には効果があまりないので、即効性のある歯のマニキュアを使用するとよいです。
歯専用の消しゴムやホワイトニングペンやホワイトニングテープを使ってみる方法もあります。"